スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バリア機能が低下する原因とは?

バリア機能が低下する原因には主に2つの原因があると考えられます。

まず1番の原因は刺激によるものです。

バリア機能の働きをする角質層(角層)は、
厚さわずか0.02ミリです。

img_04.jpg

かなり脆い膜なので、ちょっとした刺激でも敏感に
反応してしまいます。

クレンジングや洗顔の摩擦なども気をつけたいところです。
また、洗顔後道でふき取る時もこすらないようにしましょう。

日常生活のちょっとしたところで、知らず知らずのうちに
肌に刺激を与えていることがありますよ。

後はクリームをつける時にもこすっていませんか?
ファンデーションをつける時もそうです。

リキッドタイプを何回もこすり付けたり
パウダーファンデーションのパフで力強くつけたり。

このようなことも肌にとっては大きな負担になりますよ。

ayah2.jpg



次にストレスです。
ストレスがかかると免疫力が低下してしまいます。

免疫力が下がってしまうと、角質層を生み出す細胞が
正常な状態で育たなくなります。

細胞は未熟なので、細胞と細胞の間に隙間が空き、
その間から刺激が入り込んだり、中の保湿成分が外に流れ出て
角質層が荒れるのでバリア機能が低下してしまいます。


摩擦に気をつける。
ストレスをためない。

この2点に気をつけて、角質層を健やかに保ちましょう。


バリア機能を強化する化粧品↓


アヤナストライアルセット
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。